子連れ海外旅行 英語教育 節約しながら家族で楽しむ

台湾人パパ、旅好きママ、たろちゃんの3人家族で節約旅行や英語教育。旅費のための節約を試行錯誤。No Travel No Life.

スーツケースはソフトかハードか

また次の旅行の準備中の旅好きママです。

夏の旅行(義実家滞在)は2か月近くの予定なので、荷物もかなり量が多いです。

 

今のところ、中身はほとんどお土産です。

お土産といっても、当たり前ですが高級品とか持っていきませんよ?

持っていくのは「その国で高級品だが日本では安いもの」つまり、日本の日用品です♪

日本の日用品は外国では2~3倍の値段で売っているので自然と高級品に。大変喜ばれます。

日本の100均もレベル高すぎですね。

日本から行くときはお土産が選びやすくて助かります。

 

 で、いつも日系の飛行機に乗ると、ほとんどの方がハード系スーツケースなんです。

そして外国の空港などで荷物待ちをしていると、日本着以外のレーンはほぼ、くらーい色のソフトスーツケースが出てきます。欧米系の人もでっかいバックパックを背負い、ソフトスーツケースを運んでいます。外国ではこちらがメジャーなのでしょうか、、、。

ソフトスーツケースの山をじっと見ながら、私は考えました。

外国で大半の人が使っているということは、もしかして、ソフトケースのほうが使いやすいのでは??

 

以前はソフトスーツケースは、柔らかそうだけど、中身大丈夫?

なんかハードに比べて見た目が劣る気がする。

などの理由から全く見向きもしていなかった旅好きママですが、義母(我が家の元祖ワールドトラベラー)がソフトスーツケースを使っているのを見て、あまりの使いやすさに今ではすっかりソフト派に。

 f:id:tabisukisan:20170522110636j:plain

我が家のソフト3号ちゃん。 

 

このように蓋のようにカバーが開くので、収納が圧倒的に広いです。

 f:id:tabisukisan:20170522110557j:plain開いても、コンパクトでたっぷり収納(^^♪ 

家で旅行準備中もこのまま設置しておけます。

さらに旅行先でもこのまま使用でき、荷物整理の時間を短縮できます。

 

何年も使用していますが、衣類などに挟み込めばパソコンすら壊れたことがありません。

液体系(お醤油など)も運びますが、プラスチック製容器のものは同じように保護すれば、容器が壊れたことはありません。(ガラス系はハードでも運ばないことにしています)。

中身も、工夫すればかなり入ります。

それに開いてもコンパクトなので、節約旅行で部屋が狭いときなども重宝します。

両開きのハードスーツケース、狭い部屋ではめっちゃ邪魔になるので・・・。

 f:id:tabisukisan:20170522111510j:plain

シンガポールの空港ホテルの部屋。

たろちゃんが座っているこのスペース、おそらくスーツケースを置いて整理する場所だと思われます。我が家も使わせていただきました。

エキストラベッドを入れて部屋が狭かったので、場所をとらないソフトスーツケースで助かりました。

 

デメリットは、いつも23キロ程度入れるのですが、結構な重さに耐えきれず、2,3年で破損する場合があります(タイヤが重量を支えきれず、本体が直立したときに傾くようになる)。

これらはネットで購入した格安のものなので、今度は東急ハンズなどに売っている、耐久性がよさそうなものを購入してみようかと思っています。

 

しかし!義母愛用中の台湾のテレビショッピングで買った日本円7千円程度(しかも2個セット。安っ)のソフトスーツケースは5年以上経ちますが破損していません。

ソフトスーツケース愛用者が多い国で生産されたもののほうが、そこらへん研究しつくされているのかもしれません。

旅をするならソフトスーツケース、結構便利です。

ぜひ一度、お試しあれ(^^♪