子連れ海外旅行 英語教育 節約しながら家族で楽しむ

台湾人パパ、旅好きママ、たろちゃんの3人家族で節約旅行や英語教育。旅費のための節約を試行錯誤。No Travel No Life.

2017年GW シンガポール家族旅行① JAL711便でシンガポールへ

2017年GWシンガポール家族旅行の記録です。

 

4/30日日曜日で、出発地は成田。

メンバーは私、パパ、たろちゃん(9歳)の三人。

今回は三つのホテルに宿泊予定です。

 

飛行機はJAL711便で新しいものでテンション上がります。

マイルの特典航空券でゲットしました。シンガポールなのに、結構激戦だったので取れたときは感動しました!

 

成田に着くと、いつも通りにAIパーキングさんに車を預けます。

出発ターミナルまで迎えに来てくれて、戻ってきたら車を持ってきてくれます。今のところ一度もトラブルがあったことはなく、安心安全。

 

空港内はそんなに混んでいません。普通よりちょっと多い程度。みんな初日に出国しちゃうんでしょうか?

うちは深夜到着便で疲れていると思うので、レートが悪いのを知りつつ、さきに空港でシンガポールドルに交換。

5日間分、500ドル交換しました。日本円で42000円。おぉっ、これは、米ドルにくらべてお得な気分~!

 

そして薬局で命の母も購入。命の母持ってくいるの忘れて焦ってたら、こんなところにも売ってるんだ!!私は体が強くないので、暑さにやられないように、ありとあらゆる常備薬をそろえていきます。

 

登機するターミナルは相当遠いので、税関を抜けてから20分は歩きます。

たろちゃんは機内で酔いやすいので、先に税関を超えたところにあるレストランでラーメンを食べてました。大丈夫、機内食はパパとママが二人分食べてあげるからね!(そしてたろちゃんはがりがり、親のみ太る)。

今日もレストランはほぼ中国人とアジア人が多いです。たまに欧米系と日本人。

アキハバラという名前のお土産ショップも大行列で、機内持ち込み用の飲料水が買えませんでした~。喉がカラカラ、、、。

 

飛行機は時間どおりに搭乗です。

新しい機材、足元が広い!ダークレッドなシートも高級感があります。

横幅は相変わらずせまいですが、足元がずいぶん楽です。7時間乗るので、足元が広いのはありがたいです。機内食もさすがにおいしく文句なしです。

f:id:tabisukisan:20170506143236p:plain

f:id:tabisukisan:20170507184937j:plain

 

機内のお楽しみ、映画は5月のプログラムになっていました。

春休み公開の新しい映画、モアナやsingももう見ることができます。こんなことなら春休みに両方見に行くんじゃなかった・・・。

後悔しつつ、気を取り直して家族でモアナを再鑑賞。英語で歌がきけるし、海がとってもきれいし、二度目でも大満足です。

f:id:tabisukisan:20170507185047j:plain

画面操作もしやすいです。


そしてうとうとしているとすぐにシンガポールチャンギ国際空港に到着。


二度目の食事は寝てて知りませんでしたが、赤ちゃんの手のひらくらいのマフィンが、たった一個(けちくさっ(本音))!とびっくり。JALの二度目の食事の少なさには毎度びっくりです。日本を代表するナショナルフラッグなのに、、もうちょっと頑張ってほしいです。

 

チャンギ国際空港、どきれい。ピッカピカのキッラキラです。

f:id:tabisukisan:20170510092823j:plain


海外の空港を見るといつも、成田空港が数十年前の中国みたいな印象を受けます(今は北京も上海も空港はシンガポールレベルです、念のため)。

 

そして動線がいいです!

税関もすぐ抜けられたし、抜けたところにすぐタクシー乗り場があります。

タクシーも1番、2番と番号が振られたパーキングに停車し、係員の人があなたは1番、あなたは2番と振り分けてくれるので、ものすごく効率的に乗ることができます。

そして安い!初乗り3.4シンガポールドル(約272円)。

ウーバー設定していきましたが、結局タクシーのあまりの安さに一度も使うことがありませんでした。


結局、深夜1時ごろ空港について、2時にはホテルで横になれていました。

シンガポールの効率性のよさに感動した1日目でした。